GREEの花かるたはとても楽しかった!

PCゲームでGREEの中にあった「花かるた」に一時期ハマっていました。今はもうありませんが、かなり前に花かるたのゲームがあったのです。

ニューヨークに行っても、ニューヨークの朝は日本の夜なので、朝からゲームをしていました。花札を使ったゲームで、オンラインでつながった4人でプレイしました。全然知らない人とゲームをするのは初めてだったので、最初は緊張しましたが、慣れてくると楽しいと感じるようになりました。

勝手も負けても楽しかったです。PCがあって、インターネットに接続できれば世界中どこにいてもプレイできたので、すごくいいと思っていましたが、なくなってしまってすごく残念です。

コメント欄でチャットしながらゲームができることもいいと思いました。私はもともと花札が好きだったので、PCで花札ゲームができるのはとってもいいと思っていました。忘れかけていたゲームをPCで思い出したというような感じで、すごく楽しいというイメージです。

散策ゲーム「ゆめにっき」の批評

PCフリーゲームゆめにっきは異色の散策ゲームです。RPGツクールで作られたものなのですが、RPGのように敵と戦うということはなく、ただただ一人でとあるアイテムを集めつつ、狂った夢の中の世界を散策し続けます。

これだけ聞いていると何が面白いの?
とお思いでしょうが、とにかく世界観が独特で怖さと不思議さとかわいさと美しさを併せ持っており、他に見たことがない世界を目にすることができます。このゲームはフリーゲームにも関わらず、国内のみならず海外でも大人気であり、多種多様な二次創作が制作されているほどです。

主人公の少女、窓付きはゲーム中一言も発することがない無口なキャラクターなのですが、その一言も発さないという特徴が逆に作品のミステリアスの雰囲気を盛り上げています。また、この多くの謎を持つ設定が、プレイヤーに想像の余地を与え、二次創作の可能性を大きく広げているのだと思います。

現在でもフリーでプレイできるので、一度この不思議な世界観にどっぷり漬かってみてはいかがでしょうか。

関連記事

PCゲームの批評

ページの先頭へ